上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
クローン牛:「安全」評価書案を了承 来月正式決定へ--食品安全委 (毎日jp)
↑クリックでリンク先へ


そんなに長くないので、以下本文抜粋。

~~ここから~~

 国の食品安全委員会・新開発食品専門調査会(上野川修一座長)は24日、体細胞クローン技術で生まれた牛や豚とその子孫について、「従来の繁殖技術による牛や豚と同様、食品として安全」とする評価書案を了承した。3月に開かれる食品安全委で正式決定し、国民の意見を募る。その上で、国が流通の是非を判断する。
 
 評価書案では、体細胞クローン牛は死産と生後直後死が約31%で、一般の牛の約7%に比べて高いが、主な原因は「発生と分化が適正に行われないため」と分析した。

 しかし、生後半年以上成育した体細胞クローン牛は、一般の牛の発育と違いはなく、その肉や乳についても安全上、問題となる差異は認められなかったとした。クローン豚についても同様の判断を出した。【下桐実雅子】

~~ここまで~~


一応、参考までに以前、クローンについて言及したときの記事リンクを貼ります。
「安全」か「安心」かという議論に答えは出ない。(2月9日)

まぁリンク先で見ていただければ良いんですが、買いたいと思っている人も結構いますね。

それから僕の立場としてはクローン牛は食べてみたいと言っていますし、後、安全と安心についても基本的にGMOと同じ考えです。

なので、発売されたらひとまず食べます。興味があるので。

特に、本当に美味しいかどうかについてはきっちり確認したい。

なんていうか、知識で得たものだけでは駄目なんですよね。

実際食べないと僕の中で結論が出せない。

百聞は一見にしかずではないですが、

どれだけ確固たる証拠が出されても自分の目や耳で実際に確かめない済まない性質なもので、

今回の件も、例えば前回の記事では54%が美味しいと答えていますが、もしも回答者全員が美味しいと言っていたとしても、それを重要な参考資料として扱うとは思いますが最終的な結論はやはり直接確かめないといけないだろう、と思うわけです

理論や理屈を抜きにして、食べてみて美味しければ可、とするだけのことですね。

それから安全については、まぁ僕個人ではどうしようもないので、

食べてみて胃や腸が異常を起こしたり、肌があれ? みたいにならなければ別に良いかな、と。

食品安全委は結構しっかり審査していると思いますしね。(思い“たい”ですしね?)

だいたい数年先、あるいは数十年先に影響が出るとか言われても、よく分からないし。

そんな先の話になれば、クローン以外の影響で病気にだってなりますから。

とはいえ来月ですか。

値段が安ければ良いなぁ。


banner2.gif
スポンサーサイト
2009.02.25 Wed l テキスト(食品・栄養関係) l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://hungry1spice.blog25.fc2.com/tb.php/71-dafa8243
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。