上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
Envy Related to Physical Pain
クリックでリンク先へ。

以下、本文抜粋。

~~ここから~~

Sometimes you want something so badly it hurts, usually something that someone else has. Now a report in the journal Science shows that the agony of envy really does ache, because envy activates a part of the brain that processes physical pain. What’s more, the brain registers pleasure when the person we envy has a bad day.

Scientists used fMRI scans to look at how the brain handles envy and its evil twin, schadenfreude, a German term for taking pleasure in someone else’s misfortune. In the first set of studies, the scientists asked participants to read a story about themselves and their friends. In one scenario, subjects were told that they botched a job interview, which one of their classmates totally nailed.

Reading about this classmate’s subsequent successes, both financial and romantic, caused the participants’ brains to shout pain. But then came the schadenfreude. The subjects were told that something unfortunate happened to this friend, everything from car troubles to getting cheated on. That news was received with apparent delight as it lit up the brain’s reward circuits. Then again, what looks like delight could just be the relief of no longer having to deal with the painful feelings of envy. Like a Red Sox fan contemplating A-Rod.

—Karen Hopkin


~~ここまで~~



こういうのを研究している人もいるのか。

おもしろいな。

つまり、他人の不幸を喜ぶとはどういうことかって話だよね。

へぇ。

脳にあんのか。そういう機能(機能という言い方は合っているのか。functionというべきか)がねぇ。

やっぱ、人って汚いよな。

そんな一言に集約するには問題かもしれんけど、“嫉妬”って実際要る機能なんかな。

嫉妬や妬み、っていう言い方にするから印象悪いのかな。

というか、嫉妬をプラスに働かせられるか、マイナスにしか働かせないかが問題か。

まぁいいや。

もっと深く進めてみて欲しい。

ちょっと気になる。

最後のRed SoxとA-Rodの関係はごめん。ちょっとわかんない。

メジャー野球ファンの人にはよく分かる話なのかな。

日本のプロ野球でいっぱいいっぱい。



banner2.gif
スポンサーサイト
2009.02.15 Sun l テキスト(ノンジャンル) l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://hungry1spice.blog25.fc2.com/tb.php/51-b4fd8550
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。