上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
阪急電車阪急電車
(2008/01)
有川 浩

商品詳細を見る


読書感想文とかいうカテゴリがあるのに、まったく記事を書いていないので、ちょっと久しぶりに。

ああ、相変わらず本はたくさん読んでます。

一冊一冊感想文書く暇があったら、積んでる本を一冊でも消費した方が良いくらいかもしれません。

でも、こういうのを残しておくと、数ヵ月後に読み返したときに自分が楽しいのでたまには書いていきます。

つづきから、どうぞ。

なんか高評価みたいなので、天邪鬼な私は敬遠していたんですが、

立ち寄った古本屋で安く手に入ったので購入。

感想としては、面白い、です。

ただ、正直それ以上でもそれ以下でもない、と思いました。

例えば、「もう一度読み返したいか?」と聞かれても

「う~ん……」となる感じですかね。

こういうのは個人での感想に差が出るものなので、あくまで私の感想として受け取っていただきたいです。

言われているほどの評価はできない、というところです。

けれど、決して出来が悪いわけではないです。

面白いのは面白いですし、「何か本紹介して?」といわれると候補に挙げるかもしれません。

ただ、なんていえば良いんでしょうかね。

ぐっとくるものがなかった

ということです。

私には、という限定がつきますが。

物語としてはよくできていると思いました。

あっという間に読み終わりましたし。

ノンフィクションっぽいフィクション。

なさそうで、ありそうな話。

ありそうで、なさそうな話。

そんな物語ですね。

あまり筆が進まないので、こんなところで。

総合すると、

読む価値はある。買う価値は人それぞれ。

人におススメはする。でも、あくまで聞かれたら、という程度


以上です。

読書感想文になっていない感じで、すみません。
スポンサーサイト

2011.08.13 Sat l 読書感想文 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://hungry1spice.blog25.fc2.com/tb.php/286-3971963b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。