上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
というわけで本日2話目の10話です。

どうぞ
第10話「旅立ちの日に」

白い光の中の ユウシャは萌えて

はるかな旅の果てまでも 彼らは飛び立つ

限りなく遠い空に 心ふるわせ

命をかけるキシよ 振り返ることもせず

勇気を剣に込めて 希望を胸に抱き

その広い背中に 己を託して

懐かしい父の声 ふとよみがえる

薄れていく思い出に 泣いたあの時

旅立っていく切なさに 抱き合った日よ

みんな過ぎたけれど 思いを忘れないで

勇気を剣に込めて 希望を胸に抱き

この広い背中に 己を託して

今 戦の時 旅立とう 彼を信じて

はずむ 強い力 信じて

この広い この広い 大空に

今 出発の時 旅立とう 彼を信じて

護る 彼の言葉 信じて

この広い この広い 大空に

「じゃあ、参りましょうか」

「はい」


←前へ
次へ→



駄文同盟.com

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

2011.07.17 Sun l 連載小説 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://hungry1spice.blog25.fc2.com/tb.php/279-cf42094f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。