上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
ダンガンロンパ

ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生
(2010/11/25)
Sony PSP

商品詳細を見る


クリアしたよ。

ネタバレとか気にせず感想書くので、一応つづきから。
結構疲れた。っていうのが感想。

霧切さんは、苗木の嫁。

とりあえず面白かったと思います。

推理ゲーっていうよりはアクションゲーだったけどね。

じゃ、かるーく振り返り。

キャラごとに語ります。

ネタバレ注意。

今ならまだ戻れます。

苗木誠(ナエギ マコト)
超高校級の幸運
「それは違うよ」
主人公だけど、どちらかというとヒロイン属性。
学級裁判中は、霧切さんのパスをきちんと拾う。
後はまぁ主人公らしく、巻き込まれまくり。
チャプター5の学級裁判は燃える。

石丸清多夏(イシマル キヨタカ)
超高校級の風紀委員。
結構好きだったな。
だからチャプター2後のあれも悲しかった。
しかも、なんか彼だけ無駄死にみたいになってるのがなお更……。

十神白夜(トガミ ビャクヤ)
超高校級の御曹司。
かませメガネ。
チャプター2では嫌味にしか見えなかったけど、こういうキャラは必須。
ただ、最後の集合写真のところで彼までテンパってたのはちょっと、って感じ。

大和田紋土(オオワダ モンド)
超高校級の暴走族。
好きっちゃ好きだったけど、不二咲殺したからなぁ。
でも、基本は嫌いじゃない。
その不二咲と彼が同時に消えるから、チャプター2はきっつい。

桑田怜恩(クワタ レオン)
超高校級の野球選手。
あんましゃべってないから、よくわからん。
すまん。

山田一二三(ヤマダ ヒフミ)
超高校級の同人作家。
お前のことは好きだった。
だから、あんなことになって悲しかったよ。
しかも、彼だけ記憶取り戻しているみたいだし。
記憶が戻ると、まさに絶望だよね。

葉隠安比呂(ハガクレ ヤスヒロ)
超高校級の占い師。
「俺の占いは三割当たる!」
良いやつっぽいっていう怪しさ。
信頼してたけど、なんか後半にいくにつれて、こいつもしかして裏切るんじゃないかとドキドキしてた。
ただのバカだった(笑

舞園さやか(マイゾノ サヤカ)
超高校級のアイドル。
圧倒的ヒロイン臭で登場。
はじめはこいつが黒幕かと思った。
あまりにもあからさますぎて。
でも、まさか最初に死ぬとは。

霧切響子(キリギリ キョウコ)
超高校級の???。
超高校級の嫁とか超高校級のふとももとか言われてます。
いや、多くは語るまい。
霧切さんの可愛さが希望
ヒロインの座を舞園さんが確立する前に奪取。
いや、多分、霧切さんはヒーロー

朝日奈葵(アサヒナ アオイ)
超高校級のスイマー。
バカ可愛い。
さくらちゃん事件のときは若干面倒くさかったけど、こういうキャラは要る。
かなり好きだったので生き残ってくれてよかった。
自由時間には必ずおしゃべりしました。

腐川冬子(フカワ トウコ)
超高校級の文学少女。
どうするよ、彼女。
みゆきちの演技がやばいってことくらいしか言えない。
ジェノサイダー化してからは結構好き。

大神さくら(オオガミ サクラ)
超高校級の格闘家。
さくらちゃんマジ天使。
朝日奈さんがブチ切れるのも分かる。
でも、葉隠の気持ちも分かる。
チャプター4こそ疑心暗鬼ゲーム。

セレスティア・ルーデンベルグ(セレス)
超高校級のギャンブラー。
「どっひゃあああ(棒)」あんまり気にしてなかったけど、チャプター3の学級裁判でなぜか好きになった。
理由は分からん。
でも好きになっちゃったから、おしおきが悲しくて悲しくて。

江ノ島盾子(エノシマ ジュンコ)
超高校級のギャル。
ネタバレ注意って書いたからバラすよ。
最後の説明は絶望的に長すぎてだるかった。
ただ曖昧な感じで終わらせてくれたのは絶望的に好感を持てる。
それから、これだけは言わせてくれ。
正直、霧切さんいなかったら絶望的に大好き。
最後で黒幕に寝返る選択肢を作るべき。
絶望的に愛してる。

不二咲千尋(フジサキ チヒロ)
超高校級のプログラマー。
死んだのが切なかったキャラナンバー1
男の娘? だが、それが良い!
それからアルターエゴね。
チャプター4でアルターエゴがおしおきされる場面。
正直、この話まではそこまでモノクマや黒幕に悪意抱いてなかったけど、
このシーンでようやく私の思いと苗木の思いがリンクした。
何やってんだ、このやろう。ネズミ連れてくるぞ。



クライマックスのBGM「DANGANRONPA」はありがちだけど燃えるね。

それから希望をぶつけるってやつ。

悪くない。

ただ、霧切さんだけは、もうちょっと特殊にしても良かったかなと思う。

そこが残念。

エンディングについては、あまり触れない方向で。

超高校級の夫婦、爆誕。

ってことを期待しているけど、あの先の考察はここには書かない方向で。

実際に最初から最後までプレイして、自分で感じてください。

多分、そういうエンディング。

さて、以上。

クリアしてからまとめたから、記憶の行き違いはありそう。

でも、ざーっとまとめると。



不二咲さんかわゆす。まさか、男の娘か?
   ↓
舞園さんのハニートラップ。でも可愛いから許す。
   ↓
霧切さん、かっけーっす。
   ↓
不二咲さん殺したやつ、誰だ。
   ↓
葵ちゃんバカ可愛い。
   ↓
アルターエゴで次元を越えた。
   ↓
あれ? 霧切さん? 年相応の可愛さじゃないか! ギャップ萌え。
   ↓
モノクマ許すまじ。ドラ焼き二度と食わさん。
   ↓
霧切さんのためなら死ねる。
   ↓
超高校級のふともも
   ↓
黒幕に寝返る選択肢を作れ。
   ↓
霧切さんの助手として苗木が頑張る、新しい推理物作ろう。




そんな感じ。

ゲームのレベルとしては簡単な部類。

難易度はイジワルじゃないと物足りないかも。

それから、キャラに感情移入しすぎると結構きつい。

さらにキャラを信じすぎると、もっときつい。

誰を信じて、誰を疑うか。

山田君とか大和田君とかは、かなり信頼してたから色々ショックだったし、石丸君も好きだった。

だから無駄死にみたいになっちゃったのは悲しかったな。

十神は、なんかやらかしそうだから警戒してたけど、かませメガネだった。

いや、良い奴なんかもしれんけどね。

葉隠はすげー良いやつそうだから信じてたけど、黒幕臭がなくはないので最後までドキドキだったなー。

さくらちゃんを殴ったことは許さん、と言いたいが、あの状況なら仕方ないとも思えるから複雑。

レオンとはあんましゃべってない。

舞園さんは、彼女に騙されるなら別によいかなって思うレベルのキャラ。早く死んだからこそ良い。

さくらちゃんと葵ちゃんは、超高校級の親友。2人は仲良く卒業して欲しかった。無念なり。

腐川は信じる信じないとは違う次元にいた感じ。黒幕かと疑った時期もあったなー。

セレスは信頼してたというのとは違うけど、何かを起こすことはないかなって思ってから正直焦った。

でも、彼女の事件は行動怪しすぎでバレバレ。

不二咲さんは悪くない。何も悪くないよ。ありがとう。

江ノ島さんは初め微妙だった。まぁ、あれは戦刃だったわけですけど。

でも、黒幕として現れてからは好感度急上昇ね。

絶望に悶え死ぬ。

ギャルゲなら、霧切との三角関係を希望。舞園さんでも可。

霧切さんは言うことない。最初から最後まで信頼してました。

彼女に裏切られるのなら仕方ない。
ただぴかしょのイメージが

誰を疑って、誰を信じるか。

苗木視点でやってるからいまいち分かりづらいけど、かなりの疑心暗鬼ゲーム。

他キャラ視点でストーリーを見ると、多分違った感想を抱けそう。

特に、霧切視点のダンガンロンパも悪くないんじゃないかと思ったり。

続編あるいは苗木以外主人公パターンを期待します。

以上。
スポンサーサイト

2011.01.08 Sat l アニメ・漫画関連 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://hungry1spice.blog25.fc2.com/tb.php/257-2cfc914a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。