上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
僕は友達が少ない 3 (MF文庫 J ひ 2-21)僕は友達が少ない 3 (MF文庫 J ひ 2-21)
(2010/03/24)
平坂 読

商品詳細を見る


というわけで、買いました、読みました。

とりあえず感想は続きから。

ネタバレは、まぁほんのりあるかも。

一応注意で。
やっぱり面白いんじゃないかな。

というのが一言感想。

携帯電話のくだりしかり、天馬(ぺがさす)しかり、地の文がツンデレしかり、オレサマ、オマエ、マルカジリしかりね。

くっだらないんだけどね。

笑える。

ツンデレはお気に入り。

でね、この巻は星奈押しなんだなと思ってた。

肉満載の挿絵が付いてたし(笑

だけどね、最後ですよ最後。

ここできたかって感じ。

3巻にしてこうなったら、もう終わるんじゃね? って感じ。

ま、天馬の「星奈を宜しく頼む」っていう台詞もあるから、もうちょっとは続くんかな、とは思うけど。

小鷹が誰かとくっついて終わるなら、間違いなく夜空だろうと思ってるから、その辺の解決のためにもう数巻は出るかな。

出て欲しいな。

そもそも夜空はまだ小鷹に対しては友だち視点が強そうだしね。

その辺りがどう影響してくるかなって感じ。

だけど、髪切ったかー。

もったいない!(笑

ほんと、悲しいわ(笑

ま、そんなことは置いておいてね。

3巻も良い感じで終わりまして、次巻がますます楽しみというところですね。

というかこの巻は、幸村を愛でればよいの?

ブリキさんのイラストが良すぎて困る。

ま、小鳩が一番可愛いけどな。

素晴らしい表紙だ。

……っつうか、コミックス化だと?



banner2.gif 
スポンサーサイト

2010.03.25 Thu l 読書感想文 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://hungry1spice.blog25.fc2.com/tb.php/244-fd2694e8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。