上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
盛り上がってる。

先週の勢いをちゃんと保ってる。

来週も多分突っ切れる。

そんなわけで今週も書く。

以下、ネタバレ。
1)理事長と生徒会長

っていう構図。

アーたんの理事長としての資質が不明なので、なんとも言えないけど、この構図が出来たことに意味はあるはず。

これが直接、正義の味方と悪の女王につながるかは分からないけれど、対立の要素はできた。

にしても、理事長か。

なるほどね。

これさぁ。

アーたんとマリアさんが同級生だったってことはない?

これさぁ、あー、このブログでは書いてないな。

「この星で最も偉大な女神の名前」

っていろいろ引っかかる。

「女神」の部分ね。

女神、まぁ聖母になるけどさ、マリアもかなり偉大な女神の名前だよ。

そもそもアテネとマリアってなー。

名前がもうね、関連性がゼロとは思えない。

ヒナギク、アーたんが中心っぽい流れだけど、ここの話でマリアの謎がわずかながら解禁されるかもしれんと思う。

それから、ナギね。

これは、ナギはアーたんを知ってそうだね。

いや、多分白皇の生徒であればアーたんの存在を認知しているんだろうけど、それよりも、ってことね。

だからなんだ、と言われるとあれだけどな。

結局のところ、物語を狂わせる鍵はやはりアーたんなんだな、と再確認した。


2)見開き

見開きは久しぶり?

僕の記憶によると結構久しぶりなんだけど、116話のハム以降あったっけ?

あ、花火の話はそうだっけ?

あの咲夜の誕生日の。

でも、まぁ久しぶりだよね。

見開きが出るってことは、本気なんだと思うね。

GWって暫定最終回なんだっけ?

忘れたけど、暫定最終回の気配はあるね。

いや、それにしても顔が映らないね。

アーたんは後姿のみ。

どんな顔してんだろう。


3)アーたんとの再会

いきなりきたね。

もうきたか、って感じ。

これはどうなのかなぁ。

いきなりデレるってことはあるのかなぁ。

それとも、なんか変にぎくしゃくするのかなぁ。

この引っ張り方はずるいね。

来週が楽しみすぎる。

あ、ここでのポイントは呼び名だと思っています。

ハヤテはアーたんと呼び、アーたんはハヤテと呼ぶのか。

どうだろう。

いきなりアーたんは無い気もするけど……やっぱり分からんな。

こればっかりは分からんな。

ただ、どちらにせよ、いずれはアーたんと呼ぶ日が来るはず。

なんでかって言うと、GWでアーたんの話は一応の決着を見せると思うから。

もっと言うと、アーたんがメインヒロインならば、このGWで最終回を迎えてもおかしくないと思っている。

でも「ハヤテのごとく!」という物語はGWで最終回ではなくて、このあとももうしばらく続くはずです。

アーたんはメインヒロインではないから。

つまり、GW後はナギ、マリアといったメインヒロインたちにその地位に相応しい役割を与えるために、アーたんもラブコメパートに加わるんじゃないか、と思っているわけです。

まぁ、アーたんは本当の最終回まで重要な場面で鍵を握ることになりそうなので、ただのラブコメ要因に成り下がることはありえないと思いますけど。

それでも、アーたんがラブコメパートに入ってきて、例えばヒナギクさんと対立したり、それこそナギと対立したり、もしかするとマリアさんと争う場面もあるかもしれない。

いや、アーたんの介入がマリアさん→ハヤテを生じさせるために必要なイベントなのかもしれないね。

やー、なんにせよ、ちょっと楽しみだね。

これでしばらくは水曜日がわくわくできるかな。

過去編以来のテンション。

やはり、アーたんは強いね。

彼女が出てくるだけで違うわ。

違う漫画みたい。

今回の話を見れば分かるけど、やっぱりアーたんのヒロインとしての力は凄まじい。

これだけハヤテ(主人公、ヒーロー)を動揺させる……というか、ん~、ハヤテをぶっ壊せるくらいの存在感を持つキャラはアーたんくらいだよ。

ここが分岐点だな。

セーブしないと。

表紙裏漫画につながるかもしれん。



そんなところで。

banner2.gif 
スポンサーサイト

2009.07.15 Wed l アニメ・漫画関連 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://hungry1spice.blog25.fc2.com/tb.php/211-b712f61e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。