上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
西尾維新。

ネット上に散らばるいろいろな意見を通して、僕にこの人は無理だろうと思ってた。

でもねぇ。

できるだけたくさんの本を読みたい。

知らないジャンルの本を読みたい。

っていう欲求に勝てなかった。

っていう言い訳にもならない言い訳を抱えて、アニメ化っていうなんか良い感じの時期だしってことで「化物語」を読んでみた。

化物語(上) (講談社BOX)化物語(上) (講談社BOX)
(2006/11/01)
西尾 維新

商品詳細を見る


思いのほか、面白かった。

や、圧倒的にラノベなんだよね。

うん、どこまでもラノベ。

突き抜けてるし、鬱陶しい言い回しするし、まとめりゃあ厨二っていうんかもしれん。

名前も意味不明だしな。

結構長いこと「あれ? こいつの名前なんて読むんだったっけ?」って思ったわ。

ただ、そういうのを全部ひっくるめて今んとこ自分の中では面白い部類に入る作品だと思う。

めっちゃ面白いっていうわけでもないし、読む気が失せるくらいつまらない、っていうんでもないんだよ。

でも、なんていうんかね……わけわかんないんだけど惹かれるものがあるっていうんかな。

少なくとも今後最低あと1回は読み返しても構わんくらいには気に入った。

ちょっとだけ西尾維新ファンの気持ちを垣間見たって感じかな。

分かる。

こういうのが好きな人は、とことんはまるんじゃないかと思った。

会話部分やネタは、笑えたところと冷めたところとが半々くらいか、あるいは若干笑った部分のが多かったか。

どちらにせよ、そこが受け入れられるかで評価は大きく変わりそう。

あ、あと下ネタもね。

後半っつうか、偽物語までくると主人公の行動にはちょっと引き気味だったけど、良いんだよ。

こういう作品は読者に引かれるくらいのことをやっても良い。

引く読者もいりゃ、惹かれる読者もいるんだよ。

そうだ。

これが言いたかっただけだ。



ああ、アニメにも触れておくか。

正直、アニメはシャフトがねぇ……。

シャフトっていやぁ、ぱにぽに、ひだまり、絶望と、まぁ他もなんかあったかもしれんけど、別に嫌いじゃない。

絶望3期も楽しんでるし。

まぁ、今後どう転ぶかかなぁ。

演出面も賛否両論あるはず。

言っても、まだ1話だからね。

こればっかりは分かりませんよ。

もう数話見てから。

せめてひたぎクラブが終わるまではね。

EDはいつか踊るのだろうか……。



そうそう。

いずれアニメでもやるだろうし、とてつもないネタバレになるから反転。


戦場ヶ原、蕩れ


は、そこに至るまでの流れも含めてよかった。

これのみで、読んで良かったと評しても良いくらいの台詞。

……どうでも良いけど、戦場ヶ原って一発で変換できるんだな。

アララギは無理か。カタカナになったわ。


banner2.gif 
スポンサーサイト
2009.07.05 Sun l アニメ・漫画関連 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://hungry1spice.blog25.fc2.com/tb.php/196-1d51fc1b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。