上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
お久しぶりです。

今回は、「調味料と飲み物」で話をぽつぽつと。

では、どうぞ。
1.調味料の使い方

ざっくりカロリーを上げるために、調味料をやや多めに使うというのが考えられます。

もちろん使いすぎは厳禁ですが、味が少し濃くなったり、あるいは調味料で香りを加えることができれば、それは食欲増進につながります。

特に油系の調味料は使っていくべきだと考えます。

例えば、サラダにドレッシングやマヨネーズをかけて食べる、と言った具合ですね。

よく聞くのは、マヨネーズは太るのに最適らしいです。

マヨネーズといえば、ブロッコリーですよね。

僕は、ブロッコリーは茹で上がったその場でマヨネーズをつけて、熱々の状態を食すのが、最も美味しい食べ方だと思います。



ブロッコリーにマヨネーズは最強です。



話がそれましたが、調味料も使い方次第で太れる方向にもっていける可能性を秘めています。

その辺に意識を向けてみても良いかもしれません。



2.飲み物

何を飲めば、最も太りやすいのか。

それは非常に難しい問題です。

しかし、水やお茶よりは、牛乳や野菜ジュースなどの方が太りやすいといわれています。
(無論、炭酸飲料を含めジュース系は太ります)

特に、野菜ジュースで糖質が含まれているものは太りやすいでしょう。

ただ糖質が多いということは、それだけ食欲抑制作用があるということなので、単純に野菜ジュースを飲めばよいとはいえません。

けれど、食後に飲むのであれば食欲に関しての問題はクリアできるでしょう。

がぶ飲みはいけませんが、普段、水やお茶ばかり飲んでいる、という人は、飲み物を変えてみても良いかもしれません。

それから、朝の時間帯に飲む水は排便を促す作用があるといわれています。

さらに、脂肪分解作用を促進するとも言われています。

そういった理由から、朝に何かを飲むならば、水は避けた方が無難です。

またコーヒーですが、寝起きのコーヒーは食欲を抑制するといわれています。

信憑性はなんともいえないところですが、一応、コーヒーも避けた方が良いかもしれません。



そして、もうひとつ。

食事中に飲むものですが、これはお茶でよいと思います。

ただ飲みすぎてはいけません。

水分が胃に溜まると、食が進みません。

それは由々しき事態です。

きちんと食事をとることが太るための大前提ですので、食事中の飲み物は適量あるいは少量を目安にしたほうが良いです。




さて、ぼちぼち語りましたが、本日はこの辺で。

banner2.gif
スポンサーサイト

2009.01.18 Sun l テキスト(食品・栄養関係) l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://hungry1spice.blog25.fc2.com/tb.php/19-c0042c4d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。