上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
シイタケ がんの免疫指標が向上 中性脂肪や血圧下げる成分も

以下、小分けにして抜粋。


~~ここから~~

 シイタケ菌糸体にはβ(ベータ)グルカンやLEPなど複数の免疫活性成分が多いことに着目した財団法人大阪癌研究会の検討会と小林製薬は、がん治療後に再発予防を期す50~70代の患者13人に、シイタケ菌糸体の抽出物を毎日食べてもらった。

 その結果、がん細胞を攻撃する免疫たんぱくインターフェロンγ(ガンマ)と、免疫を抑えるインターロイキン10の比率でみる免疫指標が、20週後に10人で最高4・57倍に向上。この成果を4月の米国がん学会で発表した。

   ⇔

 鳥取大医学部と共同で、菌興115号の微粉末をほぼ健康な人に2カ月間食べてもらったところ、「統計的に抗酸化力が高まることが確認できた」。中性脂肪値などを下げるエリタデニンなども含まれ、高めの血圧や中性脂肪値が下がった人もいたという。地元の菌興椎茸協同組合が微粉末を「しいたけパワー115」として販売している。

   ⇔

 ただ、豊増さんは「シイタケに健康成分が多いことは事実だが、過大な期待は禁物。きのこだけで病気が治るなどと思わないで、病気になったらきちんと治療を受けて」と指摘する。

   ⇔

 きのこは一般的に免疫活性成分が多い。シイタケからは、国立がんセンターが昭和43年、免疫活性成分「レンチナン」の精製に成功。昭和60年に抗腫瘍薬として承認された。ただ、レンチナンは分子が大きく腸からはほとんど吸収されない。菌糸体は、きのこ(子実体)を形づくる菌細胞のつながり。シイタケの子実体は、レンチナンなど免疫活性成分のほか、血管を広げ血圧を下げるアデノシン、コレステロール・中性脂肪値を下げるエリタデニンなどを多く含む。食物繊維、ビタミンB類・D2、ミネラルも豊富だ。


~~ここまで~~


シイタケすげーじゃん。

ちなみにシイタケには旨味成分が含まれています。

5'-グアニル酸だったかな?

旨味っていうのは、甘味・苦味・酸味・塩味に次いで5つめの基本味って言われていて海外でもUMAMIで通用するワードです。

グルタミン酸ナトリウムってやつだね。

要は日本人にとってなじみの深いだしのことです。

味の素が典型的なそれ。

後はかつおぶしね。これは5'-イノシン酸。

味については、いろいろ語りたいんだけど、今回は割愛。

機会があれば語ることにする。

で、話を戻してシイタケです。

シイタケって美味いよね。

本当に。

あ、また余談というかこれで締めようと思うんだけど干しシイタケって食物繊維が豊富なんですね。

繊維っていえば、キャベツとか果物とかを想像しがちだけど、

それらに比べると干しシイタケや寒天の方が圧倒的に多い。

食物繊維ってのは、まぁ実際は水可溶性とか水不溶性とかあってもう少し細かいんだけど、

便秘を予防したり、発ガン物質や塩(ナトリウム)の排出を促進したり、

栄養素の吸収を遅延したり
、と様々な働きを有しているということで注目されています。

そういった意味でもシイタケを食べるのは良いことだと思いますね。

僕の中でシイタケに対する評価はかなり高いので、みなさんも良かったらぜひ。

ではでは。


banner2.gif 
スポンサーサイト
2009.06.08 Mon l テキスト(食品・栄養関係) l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://hungry1spice.blog25.fc2.com/tb.php/169-05f0603a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。