上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
今日は寒いですね。

予報では雪が降るとか言ってました。

というわけで、土曜日でしたし、ほぼ一歩も外から出ておりません彩月です。


では、本題に。
ノンシュガーってありますよね。

あれって、あまり良くない表示の仕方だと思います。

まぁ、これはよく知られていることだと思いますので、ここに書かずとも知っている人がほとんどでしょうが、せっかくなので書きます。



まず、シュガーすなわち糖類の定義が問題です。

栄養表示基準において、シュガーとは

甘味料に使われる糖質のうち、単糖類(ブドウ糖や果糖など)および二糖類(砂糖など)をいいます。

つまり糖アルコールや三糖類以上のオリゴ糖は除かれるということです。



さらに表示についても、少し問題があります。

ノンシュガーや糖分ゼロなどの場合、糖類の含有量が食品100g(飲料の場合100ml)あたり0.5g未満であれば表示できます。

しかも、上記のように糖アルコールや三糖類以上のオリゴ糖は含まれていても良いのです。

糖アルコールは低カロリーですが、それでもカロリーがゼロではありません。

そこで注意してもらいたいのが、ノンシュガーはノンカロリーではないということです。

ノンシュガーと書かれていても、わずかに糖質は使われている可能性があり、さらにカロリーもある、ということは知っておいて良いでしょう。



また、砂糖不使用という表示もあります。

これは読んで字のごとく、砂糖が不使用なのであり、他の糖質は使用されている可能性がありますので、その点にはご注意を。



それから余談ですが、確かカロリーゼロも、ノンシュガーと同様に、一定数値以下のカロリーならカロリーゼロと表示してよいことになっておりますので、カロリーゼロはいくらとっても問題ないというわけではありません。


そうはいっても、普通の食品に比べてカロリーや糖質が低いことは間違いありませんので、幾らか健康に良いというのは確かなんでしょう。

無論、幾らカロリーが低くてもとりすぎは厳禁です。



ただ、私はカロリーゼロだとあまり美味しくないと感じるタイプなので(特にコーラに関して)、普通のを飲めばよいと思ってます。

他の食事で糖質やカロリーを減らせばそれで良いです。



そんな感じで。

banner2.gif
スポンサーサイト

2009.01.10 Sat l テキスト(食品・栄養関係) l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://hungry1spice.blog25.fc2.com/tb.php/16-0cd6092f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。