上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
やらなくちゃいけないことはたくさんあります。

でも、やっちゃった。

書いてしまったものはしょうがない。

別にお題があったわけじゃなくて、ただの短編なんだけど、

なんかできたから投下します。

『ポケットティッシュ』

どぞ。
「お願いしまーす」

可愛らしい声がして、僕は思わず足を止めた。

寒空の下、あんな格好でアルバイトとは大変だなぁ……。

と言うたいして面白みもない感想を抱きつつも、無料のティッシュはありがたいと受け取りに向かう。

「お願いしまーす」

受け取る瞬間、彼女と目があった。

「ありがとうございまーす」

視線で人が殺せるか。

その問いは、絶対的にイエスだ。

なぜならその日、僕は彼女に殺されたのだから――。



こんな寒い日に外に出るのは億劫だ。

買い溜めのおかげで冷蔵庫もいっぱいだし、仕事も休み。

ならば、わざわざ出かける理由などない。

けれど、僕は震える身体に鞭打って町に出かけた。

目的はひとつ。

彼女に会うためだ。



「お願いしまーす」

ポケットティッシュをもらう。

「ありがとうございまーす」

今日も、もらう。

「お願いしまーす」

たまには微笑みかけてみる。

「ありがとうございまーす」



もらう。もらう。もらう……。

やがて、うちにあるポケットティッシュが小さな段ボール箱いっぱいくらいになったころ、

僕はたまたまいつもよりも遅い時間に彼女の元に訪れた。

そして初めて、彼女の口から「お願いしまーす」でも「ありがとうございまーす」でもない言葉を聞いたのだ。

「あ、こんにちは」

「こんにちは」

手にはポケットティッシュを持っていない。

既に今日の分のノルマは終えてしまったのだろう。

「あの、いつももらってくれてますよね?」

「え……? あ、はい」

彼女に顔を覚えられていたことに少し驚きつつも、確かに日課のようにここに来ていれば覚えられもするか、と思い直した。

「すみません。今日はもう無いんです」

眉を下げて、そう言う彼女を見ながら僕の口は自然に動いた。

「………………じゃあ、代わりに君をもらえませんか?」

言ってから激しく後悔した。

何を気持ち悪いことを口走っているんだろう。

予想通り、彼女はぽかんと口を開けたままこちらを凝視しているではないか。

僕は恥ずかしさのあまり、その場を立ち去ろうと翻す。

「あ、待ってください!」

そんな僕の背に彼女の声が降りかかる。

「ポケットティッシュと違ってタダではすみませんけど……良いですか?」

「え?」

僕はその言葉に反射的に振り返る。

寒さのせいか、それとももっと別の何かのせいか、頬を赤くした彼女がそこにいて、僕は思わずにやけてしまった。

「タダより高いものはない、と言いますし」

「その上、売れ残りで、さらに割引もしていませんが」

「どうしても欲しいものなので、返品をするつもりもありません」

僕らは同時に笑い、お互いに見つめあった。

「それでは……こほん」

彼女はわざとらしく咳払いをし、ティッシュを配るように自らの腕をこちらに伸ばして例のフレーズを発する。

「お願いしまーす」

僕ははにかみながら彼女の手をとった。

「ありがとうございまーす」

そして、そのまま彼女の手をそっとポケットの中に入れたのだった。



了。


banner2.gif にほんブログ村 小説ブログへ


スポンサーサイト

2009.05.28 Thu l 突発的小説 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://hungry1spice.blog25.fc2.com/tb.php/159-572ffc91
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。