上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
クローン牛は安全か 消費者の7割「気持ち悪い」で再審議へ(MSN産経)
↑クリックでリンク先。

昨日見つけていたニュース。

さ、またクローンの話だよ。

当ブログでクローンについて扱うのは何度目だろうね。

ま、良いや。

じゃ、行きます。

全3ページあるんですが、とりあえず1ページ目だけ本文抜粋しておきます。


~~ここから~~

 クローン食品を安全と結論づけた内閣府の食品安全委員会に、1カ月で172件の意見が一般から寄せられ、そのうち7割程度が「気持ち悪い」など批判的意見だったことが26日分かった。委員会ではこうした意見に配慮して、下部組織の専門調査会で、安全性評価について再審議を行うことを検討している。

 クローンをめぐっては、消費者の違和感や宗教・倫理面から反対論が根強く、委員会の審議も影響を受けた形になった。

 同委員会では今年3月12日、成長したクローン牛と豚、その子孫の食品について「従来の牛や豚と同等の安全性を有する」と結論づけた評価書案をまとめ公表。厚生労働省に答申する方針で、念のため30日間、インターネットなどで一般から意見を募集した。
 
 その結果、寄せられた172件の意見のうち、「気持ちが悪い」などクローン食品への反対・消極論や、「検討不足の点がある」など評価書案への批判が7割程度を占めた。評価書案に賛成する意見は2、3割だった。
 
 この結果を受け、委員会では厚労省への答申を延期し、専門家で構成する「新開発食品専門調査会」で評価書案の内容を再審議することを検討している。委員会では年間平均100件以上の食品・薬品の安全性を審議・評価し、答申前に一般意見を募集しているが、通常、意見は数件程度。専門調査会で再審議することもないため、今回は異例の展開。


~~ここまで~~


まず1点。

インターネットで意見を募集した、とありますが、どのような方法で行ったんでしょうか。

食品安全委員会のホームページ上で、とか?

さらに、そのような意見を募集する旨をどこに広告したのでしょうか。

最後のパラグラフを見ると毎回やっているみたいなんで、ホームページに行けば分かる程度なのかなぁ、と思いますけど。

仮にそうならば、これに意見を送ったのは、クローン牛に対して非常に興味のある消費者という限定がかかります。

しかも、当然のことながら、批判的意見が多いことが予想されます。

そもそも安全だという方向で進んでいる話だったんだから、賛成意見をわざわざ送りはしないでしょう。

ということから、個人的には、送られた意見のうち7割が批判的とありますが、だから何? って感じ。

クローンを扱えば、批判的意見が出るのは当然。

だって食だけに留まらない分野なんだもん。

だから最後のパラグラフにある異例とかいうのもよく分からん。

意見が出るのは当たり前じゃん。

くらいにしか思えない。

世論という観点から見ると、7割もあるとスルーできないんだろうけど、

ん~……。あまり余計なこと言わない方が良いのかな。

「気持ち悪い」か。

分からんでもないけどね。

だから気持ち悪いなら食うなって。

……そんな簡単な話でも無いんだろうね。

一旦市場に出回ると、クローン牛が国産と表示される可能性も出てくるし、

外食で出てきた牛がクローンの可能性も出てくるもんね。

知らず知らずのうちに食べちゃうかもしれないところに「気持ち悪さ」が生じるのかもしれない。

難しいね。

でも、どちらの結末を辿るにせよ、クローンに関しては1つの決断をするべきときが来たんでしょう。

遠くない未来にクローンはもっと発達すると思います。

それこそクローン人間ができるくらいに。

あれ? もうできる技術はあるんだっけ?

こういうのは1個1個段階を進んでいくしかない。

人間が生きている限り、科学技術は進歩していくはずです。

ここでクローン牛が受け入れられるか否かで、今後のクローン研究に異なる影響を与えると思います。

あくまで私見です。



さて、今後の展開を見守りつつ、この辺で終わります。

banner2.gif 
スポンサーサイト
2009.05.28 Thu l テキスト(食品・栄養関係) l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://hungry1spice.blog25.fc2.com/tb.php/158-1f4324e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。