上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
狼と香辛料 11 (11) (電撃文庫 は 8-11)狼と香辛料 11 (11) (電撃文庫 は 8-11)
(2009/05/10)
支倉 凍砂

商品詳細を見る


7巻以来(?)の短編集。

ホロとロレンスのお話と、エーブの話。

以下、ネタバレを含みつつ簡単な感想。
ホロとロレンスの二人旅っていうのが久しぶり。

それから、あとがきにもあるんですけど、

ホロとロレンスの掛け合いが続くのは面白いね。



では、1個ずついきますか。

狼と黄金色の約束

「これで、お前の笑顔はずっと忘れないだろうな」

だけで良いよね、もう。

相変わらずのロレンス。

この2人の掛け合いはねぇ。

まぁ7巻が最強だったんだよね。

タイトルは思い出せんし、確認するのもたいぎぃんじゃけど、服買うやつ。

あの言葉遊びは好き。

で、今回ははっきりとした言葉遊びではないけれど、掛け合いの面白さは綺麗に収まっていると思います。



狼と若草色の寄り道

これはね内容よりも挿絵がね。

挿絵が!

ラノベはイラストレーターが大事だっつうのがよく分かるわ。

内容的には、まったりというか、まさに寄り道。

とりたてて事件が起きるでもなく、のんびりとしたお話。

行商人だもんね。

こういう時間もあるっていうこと。



黒狼の揺り籠

エーブの話。

これ、この後また5、8、9巻を読み直すと思うところがあるんかなぁ。

読む元気と時間がないけど、あれだったら読み直してみる。

エーブはなかなかに良いキャラですな。

ああ、エーブにもこんな時代があったんだよな、って感じ。

初めは皆、ド素人なわけですよね。

這い上がるには年月がかかるってこと。

ロレンスの若いころの話も読みたい気がするよ。

それから彼女が関わると、若干血生臭いよね。

話自体が。というか、話の場面があるステージが。

なんていうか、今回はそのシーンがあるからこそ成長っていうのが激しく表現できたとは思うけど。



そんな感じ。

2期は夏だっけ?

キャストの中にはエーブもいたんだけど、どういう構成になるんだろう。

もちろん3巻はやるんだろうけど、4巻を飛ばすのか。

ま、多分視聴するだろうし、待つわ。


banner2.gif 
スポンサーサイト

2009.05.10 Sun l 読書感想文 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://hungry1spice.blog25.fc2.com/tb.php/129-5309e494
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。