上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
電撃の狼とオオカミを買いました。

正式な発売日は明日のはずなので、感想をかくとしたら明日以降。

ブログのネタがない日に書きます。

では、これ。

スリムな体型を保つことは環境にもよい
↑クリックでリンク先へ

以下、一部抜粋。


~~ここから~~

英ロンドン大学衛生・熱帯医学大学院(LSHTM)疫学・公衆衛生学部門のPhil Edwards氏らによると、温室効果ガスは主に食物の生産によって発生するため、ベトナム人のような痩せた人の集団は、米国人のように人口の40%近くが肥満である集団に比べて、食物の消費量が約20%少なく、温室効果ガスの排出量も少ないという。

さらにEdwards氏らの計算によると、痩せている人10億人の集団では、肥満の人の集団に比べて、交通機関による二酸化炭素の排出量が年間10億トン少ないことも判明。この研究は、医学誌「International Journal of Epidemiology(疫学)」4月20日号に掲載された。


~~ここまで~~


そもそも環境とかエコとかっていうのは好きじゃない。

ただうちの近くのスーパーが来月からレジ袋有料化になるので、

ついにエコバッグを買ってしまったけれど。

あんなもん金の無駄遣いじゃ。

エコなんてただのマーケティング戦略の一種――!

っと、話が逸れました。

話題としては面白いと思う。

体重と環境なんて、ねぇ。

まぁ温室効果ガスと二酸化炭素は本当に関係あるのか、という疑問は脇に置いておくけれど、

これを調べようと思ったこと自体がまず面白いよね。

で、交通機関か。

分かる気がするかな。

本文ではさらに下に書いてあるんだけど、

肥満者ほど車に依存する傾向がある、っていうのはなんとなくイメージできる。

私も、もし体重が重かったら今みたいに無駄な動きは減ると思うし。

というか、無駄な動きが多いから太らない太れないんだろうと思うし。

環境の観点から肥満への批判が出るとはねぇ。

ただタイトルにスリムって書くのはいかがなものか。

肥満だけじゃなくて、痩せすぎだって問題だっていわれている世の中なのに、さらにそれを助長するような書き方をするのはいただけないかな。

スリムっていうワードが、見る人によってはちょっと強く響くんじゃないかな、と思った。

そんだけ。



まっ、僕はそこまでエコロジーには興味ないので、関心ある人は頑張ってください。

正直、こと環境に関しては、ひとりひとりの小さな努力なんていう綺麗事は無意味だと思っているので。

その程度のエコロジー精神で環境が劇的に変わるわけない。

所詮、人間のできることなんてたかが知れてるだろう、とね。

んでは。


banner2.gif 
スポンサーサイト
2009.05.09 Sat l テキスト(ノンジャンル) l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://hungry1spice.blog25.fc2.com/tb.php/127-e38c41aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。