上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
野菜ジュースです。

最近は、いろんな種類が出ていて人気みたいです。


私はこれについて悪いとは思いませんが、良いとも思いません。

普段、野菜をほとんど食べない、という方は飲むべきだと思いますが、
やはり、野菜はきちんと野菜のままで食べた方が健康には良いです。



というのも、野菜を食べる場合と比べて野菜ジュースの場合は、いくつか欠点があるからです。
1.食物繊維


食物繊維は、最近注目をされつつあります。

コレステロールの低下や肥満の防止など、いわゆるメタボ対策において重要な役割を果たすかもしれません。

そして、その食物繊維は結構もろいです。

普通に料理しても、煮たり炒めたりの段階で食物繊維は減少します。

生のまま食さないと、とれるはずの食物繊維はとれないということです。

野菜ジュースになると、製造・加工の段階でほとんどの食物繊維がなくなります。

その点において、野菜ジュースはあまり良くない、といえるわけです。




2.糖類


「野菜ジュースを飲むなら、果物の入っていないものを飲むべき」と言われます。

なぜなら、果物には果糖(フルクトース)があります。

ということは、果物を含んだ野菜ジュースには、砂糖がなくとも果糖が入っています。

果糖といえば、まぁ、とても甘いことで有名でしょうか。

それは置いておくとして、野菜ジュースを飲んで糖質を摂取してしまうことはよくありません。

いくら野菜といっても、やはりジュース。

多量に飲むと、糖質の摂取量が増えてしまう可能性もあります。

その点には注意してみてください。



3.歯


それから、歯ですね。

つまり、噛む、ということです。

歯、というのは思ったよりも大事です。

歯は「美味しさ」を感じるのに重要です。

歯と歯槽骨をつなぐ「歯根膜」の神経が、歯ごたえや歯ざわりを感じます。

歯が抜けるとこれが無くなり、美味しさが薄れます。

無論、よく噛むことで顎を丈夫にする、という点もあり、そういった点からも噛む、という行為は非常に大切です。


そこで、話を戻します。

野菜ジュースだと、飲み物ですから噛みませんよね。

そこが問題なんです。

栄養素をとることだけが食事ではありません。

きちんと咀嚼し、充分に美味しさを感じながら食べる。

それが食事です。

だからこそ、野菜は野菜の形のまま食べるべきなのです。

特に、生なら尚良いです。

あの、シャキシャキとした歯ごたえや、野菜本来の味を楽しみながら、食事をしてみてください。





決して、野菜ジュースが悪いといっているわけではありません。

最初にも書きましたが、あまり野菜を食べない生活をしている人は飲むべきでしょう。

ただ、野菜を買ってきて料理をする時間がある、という方はぜひともジュースではなく、
野菜本来の形で食べて欲しい、ということです。



では、そんなところで。


banner2.gif
スポンサーサイト

2008.12.27 Sat l テキスト(食品・栄養関係) l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://hungry1spice.blog25.fc2.com/tb.php/11-4eaf9401
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。